スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日遅れの「Merry Christmas☆」

今頃〜って感じですが。。
「Merry Christmasクリスマス

一昨日、昨日と塾などで
更新できませんでした大汗

みなさん、今年のクリスマスはどうでしたか絵文字名を入力してください
今年のモアイ家のクリスマス
↓↓
クリスマス


母は
「今年は手抜き」
って言ってたけど、
私は充分だと思いますピンクハート
いつもいつも美味しい手料理を作ってくれる
母に感謝ですはーと

今日は、
ムソルグスキー 「展覧会の絵」から
を聴きました紫ハート


冒頭というか、最初の方の
動画です8分音符-x2Beamed*CandyPink(白い背景用) †SbWebs†

この曲、長いのでsmile

最近、この曲は
NHKの「スーパーピアノレッスン」
でも取り上げられます★



『展覧会の絵』はムソルグスキーが、
彼の友人であったヴィクトル・ハルトマン
(ヴィクトル・ガルトマンとも)の遺作展を歩きながら、
そこで見た10枚の絵の印象を音楽に仕立てたものおんぷ
ロシアにとどまらずフランス、ローマ、ポーランドなど
さまざまな国の風物が描かれています絵の具パレット
また、これらの10枚の絵がただ無秩序に並ぶのではなく、
『プロムナード』という短い前奏曲あるいは
間奏曲が5回繰り返して挿入されるのが特徴的で、
このプロムナードはムソルグスキー自身の歩く姿を表現しているといわれています星
『プロムナード』、『古城』、『雛の踊り』、『ビドロ』、
『バーバ・ヤーガの小屋』、『キエフの大門』、
など覚えやすいメロディーと緩急自在の構成
(ユーモラスな曲、優雅な曲、おどろおどろしい曲、重々しい曲など)
から、ムソルグスキーの作品の中でももっとも知られた作品の一つキラキラ




ムソルグスキーは音楽史などでは
「ロシア5人組」と呼ばれる音楽家集団の1人として良く知られているが、
ムソルグスキー1人に限って見ると、
後年になるほどウラディーミル・スターソフの影響がきわめて大きい絵文字名を入力してください
スターソフはロシアの芸術史研究家であり評論家でしたが、
指導者的な面もあり、多くの若い芸術家の慈父のような役割を果たしましたチューリップ
そして彼のサロンには、音楽、絵画、建築、
彫刻家などが集まり、ロシア固有の芸術を探求する空気が醸成されていた8分音符-x2Beamed*Cherry(白い背景用) †SbWebs†





1870年頃、ムソルグスキーはヴィクトル・ガルトマン
という建築家であり画家でもある男と出会い、交友を結びますnico
しかし1873年8月4日、ガルトマンは動脈瘤が原因で急死してしまうお墓
ムソルグスキーの落胆ぶりは大きく、
残された手紙などによると、
ガルトマンの体の異常に気づきながら
友人としてなすべきことをしていなかったのではないかと、
自責の念にかられている様子がわかりますドットハート
一方、スターソフはガルトマンの遺作展を開くことにしましたケーキ
ガルトマンの作品を整理することと、
ガルトマン未亡人のための資金援助が目的であったと思われますはーと
遺作展は、1874年の2月から3月にかけて、
母校であったペテルブルク美術アカデミーにおいて
400点の遺作を集めて大々的に開催されましたクラッカー





その展覧会から半年後の1874年7月4日、
ムソルグスキーは『展覧会の絵』を作曲します音符
作曲作業の遅いムソルグスキーにしては珍しく、
わずか2-3週間足らずで一挙に作曲されました音符
この自筆譜は、
現在はレニングラード国立公共M. J. サルティコフ・シェッシュドリン図書館
に保存されているおんぷ
(手稿本部門、M. P. ムソルグスキー基礎資料502番、文書番号129)。




ブログランキングに参加しています。
応援クリックヨロシクお願いします<(_ _)>

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村



ご協力ありがとうございました。

※コメントについて
 ブログをお持ちの方は、
 コメントを書く際、ブログのURLを
 書いてくれると嬉しいです。
 ブログ訪問、コメント&応援クリック
 させていただきたいので、
 ご協力お願いします<(_ _)>

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://kiimepianoblog.blog.fc2.com/tb.php/13-89986625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シューベルト「セレナード」 «  | BLOG TOP |  » 記事投稿「100回目」!

Blog ranking

To click this,please.
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

Thank you.

Profile

Rena    (旧kiime)

Author:Rena (旧kiime)
In Saitama of Japan

My birthday/October 31st
blood group/A type

Category

Nice to meet you! (6)
English version (3)
practice piano diary (197)
a way to play the piano (4)
my videos (9)
sweets deco (5)
piano lesson (4)
music teacher ~Rena~ (9)
about poem and book (6)
music tool (2)
listen to music (26)
another diary (20)
another (19)
korean drama (4)
L`Arc~en~Ciel (4)
Germany (1)
interior (1)

Mail form

Name:
Mail address:
Subject:
Body:

Latest journals

!New! comments

Search form

Monthly archive

Link

add link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。